息子と過ごす休日は楽しい

近年のプロ野球の地上波放送が少なくなってきてプロ野球ファンからすると寂しくなってきたのではないでしょうか。

全国放送があるのも巨人戦がメインとなっていますし、住んでいる地域に近いプロ野球チームの放送がメインとなっている地域が圧倒的に多いと思います。

その中で全国放送よりも地方放送の時の解説者の贔屓ぶりが最近目につきます。

地元にしか放送されていないからと言って相手チームをバカにするという事は許されることではありませんし、相手チームのファンがテレビを見ているという事だって十分考えられます。

そのような事がある時は本当にイライラしてしまいますし、テレビ局に抗議の電話をしたいと思ったほどです。

多少のことは目を瞑るとしても度が過ぎる人がたまにいるのです。

応援する側にもマナーがあると思います。

選手の方も、相手チームを避難するようなことを言われるのは、きっと望んでいません。

真剣にプレーしている選手に失礼だと思います。

マナーを守っていただきたいですね。

それが野球人気に影響しているかどうかと言われると私はわかりませんが、解説も野球を楽しむ1つのファクターだと考えています。

公平に解説してもいいのではないかと私は思ってしまう時があります。

ミュゼ浜松

運動をするときに大切なのは自分に合う靴を用意することです

運動をするときに一番大切なことは何だと思いますか?

やる気とか、運動量も大切ですがまずは自分に合った靴を用意することが大切です。

自分に合わない靴を履きながら運動をすると靴擦れが起こりますし、窮屈ですから

運動が苦痛に感じてしまいます。

私も小学校6年生の頃、親に靴を買ってもらいました。

しかし、すごくきつく小指がすぐに痛くなってしまいました。

ですが、せっかく買ってもらったのだからと思ってしまいそのまま履き続けてしまいました。

そのけっか小指が少し曲がってしまいました。

それは今でも治っていません。

ですから靴の選定はすごく大切なのです。

しばらくして私はサッカーを始めました。その時に選んだシューズもきつい物を選んでしまいました。

もともと私の足は横に幅が広いので合うシューズが中々見つかりません。

ですから妥協をしたという形になりました。

一番広いシューズを選んでもきつかったのでもう手立てはありませんでした。

しかし、しばらくしてべつの種類のシューズを履いてみるとかなり履き心地が良いものが見つかりました。

今までは合成の皮でできているシューズを履いていましたが、次に選んだのは別の材質の物でした。

材質によっても履き心地は違いますから、シューズ選びにはぜひとも参考にしてほしいです。

エピレ横浜

『仮面の忍者赤影』第30話感想

『仮面の忍者赤影』の第30話を見ました。

前回に引き続き蟻怪獣ガバリが登場しています。

ガバリが両腕から出していたのは蟻酸でしょうね。蟻の怪物は何でも溶かす蟻酸を出すというのがお約束ですから。

白影さんが割りと布団で防げていましたけど。

赤影さんの攻撃も通じない強敵でしたが、弱点の水をかけられて敗走しました。

しかし、白影さんはあっという間に地下水を掘り当てていましたね。

ガバリを操っていたのは根来十三忍の一人蟻身眼兵衛です。

ガバリ以外にも無数の人食い蟻を操る能力を持っており、赤影さんも苦しめられました。

日本には蟻塚を作る蟻は生息していなかったと思うのですが、赤影さんはすぐに蟻塚だと気づいていましたね。

また、飛騨の忍者が重用されていることに不満を抱いている原田伝八郎という信長の家臣がいて、眼兵衛は彼を利用して白影を狙いました。

しかし伝八郎は正気に戻り、何と眼兵衛を倒すという快挙を成し遂げました。

まあ、相討ちで伝八郎も死んでしまったのですが。

というか、同行していた信長の家臣は全滅してしまいました。これからが大変そうです。

青影は「だいじょ~ぶ」に続く新ネタを披露していましたね。

次回は白影さんの偽物が出てくるようです。

ミュゼ市川店

世界遺産・日光; 日光東照宮  「明智光秀=天海・・?、」

この日光東照宮をプロデュースした、南光坊天海は家康の最高ブレーンであったらしく、さらに面白いのは、光秀こそが天海そのものだとする説もあり、同意する人も結構多いといわれてます。

家康の死後、久能山東照宮に眠っていた家康の死骸を、日光へと改葬した人物が南光坊天海なのです。
特に天海は家康の信任が非常に厚く、天台宗の僧侶としてだけでなく、政治や軍事顧問としても常に家康の側に控え、家康に進言した意見はすべて採用されたといい、徳川家代々を記した徳川実紀にも書かれていりそうです。

天海は、家康の死後も秀忠、家光に仕えたが、この天海の正体が本能寺で織田信長を討ちながら、豊臣秀吉に返り討ちにあった明智光秀であるとする説があるのです・・!!。

明智光秀=南光坊天海と言う説の根拠として、

1. 日光東照宮に光秀の家紋である桔梗の彫り細工が多数あること、

2. 日光に明智平と呼ばれる区域があること、

3. 秀忠の秀と家光の光は光秀、家綱の綱は光秀の父の光綱、家継の継は光秀の祖父  の光継の名に由来してつけたのではないかという推測、

4. 光秀が亡くなったはずの天正10年(1582年)以後に、比叡山に光秀の名で寄進され   た石碑が残っていること、
5. 学僧であるはずの天海が着たとされる鎧が残っていること、

6. 光秀の家老・斎藤利三の娘が徳川家光の乳母(春日局)になったこと、

などがあげらるが、果たして・・?。

尚、桔梗紋に関しては、加藤清正など多くの武将が使用しており、光秀の紋とは断定は出来ないとも云われるが、これだけ状況証拠がそろうと、明智光秀=南光坊天海もなかなか否定は出来ないのかなとも思われるのですが・・?。

http://xn--lckwg3bd4398anhuzs2c859a.net/

 

デトロイト市の破綻は対岸の火事ではない

先日、アメリカ有数の大都市であるデトロイトが、

連邦破産法第9条の適用を申請し財政破綻したというニュースは、

世界中を駆け巡りました。

デトロイトといえば、

いわゆる自動車のビッグ3が本社を置く大都市ですが、

破綻するまで市の財政が悪化してたとは思いませんでした。

労働組合の強さや人件費の上昇などで、

基幹産業である自動車生産の海外移転が進んでしまい、

その結果、人口が流出して借金が返せなくなってしまいました。

日本でも夕張市が財政破綻にあたる、

財政再建団体に指定されたニュースは記憶にあたらしいところだと思います。

人件費の高騰、生産が海外移転、財政悪化という流れは、

日本の自治体にもそのまま当てはまるのではないでしょうか。

日本の場合にはそれに加えて、

少子高齢化と過疎化が追い打ちをかけています。

地方財政は借金を借金で返す自転車操業が続いており、

デトロイトの話は対岸の火事ではありません。

東北ではそこに東日本大震災が発生して、

人口流出が加速しており、

地方財政は悪化するばかりです。

どこかで借金を減らして、

財政健全化に向かわなければならないのですが、

高齢化が進むことによる社会保障費の増大など、

健全化の道は程遠いのが現実です。

ここは国会で議論が行われている、

道州制の導入など思い切った政策が必要だと思います。

脱毛人気

結構年齢は家系に関係するのか

私は30代間近ですが、まだ、結婚をしていません。

ついでに言うならば、私の弟と、3人いるいとこの女性も全員結婚していません。

そういった事実から考えてしまうのですが、結婚するのが早い家系、遅い家系というのが、確実にあると私は思っています。

言うまでもなく、私の家系は結婚するのが遅い家系です。

成人の男女が5人もいて、ほぼ30代間近というのに1人も結婚していないのは何か家系的に理由があると思っています。

そうかと思えば、私の仕事仲間で、まだ20代にもかかわらず結婚している人がいます。

話を聞くと、その人の兄弟姉妹も結婚しているそうで、この違いはやっぱり家系の違いではないか、と私は推測しているわけです。

これは、遺伝子レベルで、結婚に対して積極的か、消極的か、ということで、確かに私はそんなに結婚に対して積極的ではありません。

また、弟やいとこもそういった考えの持ち主ということを、何となく感じているからです。

結婚するかしないかは個人の自由ですが、そういった家系も無関係ではないなと思っています。

育ってきた環境で、結婚に対する意識も変わってくるのは、当然と言えば当然かもしれませんね。

自分のタイミングで結婚できればいいと思っています。

ビキニライン脱毛

 

保育園のお迎えに行ってもらいました

普段はパートの後にわたしが娘のお迎えに行くのですが、だんながお盆には少し早い夏休みに入ったため今日のお迎えをお願いすることにしました。朝、保育園に送りだすのは仕事に行くついででもあるので、わたしが連れて行き先生に「今日はパパがお迎えにきます」と連絡、入園のときに母親がお迎えという風に登録をしていますので、いろいろな理由からこの連絡(電話連絡でもOK)がない状態ではパパであろうが、じいじであろうがばあばであろうが子どもを受け渡してもらえません。今は家族仲が良好ですが、万が一家庭崩壊にでもなって子どもの連れ去りにつながっては保育所側も大変ですものね。

娘には保育園でのバイバイの際に「今日はパパが迎えに来るから、困らせてあげてね(笑)」と説明してあげました。

それを聞いた先生と「普段の苦労を分かってほしいので(笑)」と「でもこういうときってけっこういい子で帰るんですよねー」という話をしていました。仕事が終わってから念のために再度パパに電話してお迎えを忘れていないか念のために確認するとちゃんと覚えていました。わたしは安心してショッピングをして帰宅。娘のお出迎えにほっこり。

パパのはじめてのお迎えは、保育園の門を出るまでは順調だったものの、門を出ると手をつないでは歩いてくれず道路に座りこんでしまい苦労したとのことで、わたしの苦労を分かってもらおう作戦は大成功のようでした。

http://xn--ner01tdloh9t.com/

SKE48チームSの新公演は『Reset』に決定

去る7月23日、SKE48チームSが新公演の初日を迎えました。ファン投票によって選ばれた新公演は、AKB48チームKの公演、『Reset』。AKB48の1回目の組閣 (チーム再編成) 直後に始まった公演のため、同じく組閣後の新チームSにとってふさわしい公演が選ばれたのではないでしょうか。

新公演の中心となるのは、チームS残留組の松井珠理奈さんと木﨑ゆりあさん、そしてチームK2から移籍した向田茉夏さんの3人。公演1曲目の『Reset』の出だしはこの3人のパワフルなダンスから始まり、これから始まる公演への期待を高めてくれます (なお、『Reset』公演では、本編前に研究生によるオープニングアクト『檸檬の年頃』が披露されます)。

公演中盤の5曲のユニット曲では、先の3人に加えて大矢真那さんと石田安奈さんがそれぞれセンターを担当します。個人的に好きだったのは、向田さんがセンターを務める『逆転王子様』。移籍前のK2公演での向田さんのユニット曲『フィンランド・ミラクル』と同様、王道アイドルソングですが、可愛らしい衣装と振付が彼女の魅力を際立たせています。

AKBグループのドームツアー期間中のため、新公演に向けての練習時間は十分には取れなかったようですが、初日の内容は、そうした影響を感じさせないほど素晴らしいものだったと思います。今後、『Reset』公演、そして新チームSがどのような進化を見せてくれるのか、楽しみです。

銀座カラー盛岡

宮沢賢治の意固地なまでの真面目さ

宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」は老若男女に人気のある愉快な童話です。

だけど私はあまり面白いと思えませんでした。

東京の紳士が鉄砲を担いで山で狩りをしています。

彼らは犬を連れていましたが、その犬は疲労で倒れてしまいます。

「お金を損した」彼らは犬の命よりお金の損失を気に病みます。

レストランでご馳走を食べようとして逆に命を狙われて、その滑稽な怖がり方を賢治は強調します。

最後は助かるのですが彼らは自らの物質主義の罰を受けるのです。

しかし冷静に考えると紳士は何も悪くありません。

犬の命よりお金の心配をするのも、贅沢をしようとするもの、金持ちだから当然のことです。

トルストイやバルザックの小説を読めばわかりますが、金持ちは金持ちとしての立場に即した洗練された精神を持っています。

つまり貧乏人が貧乏に即した愛情や友情を育むように、金持ちもその立場に応じた何らかの深い精神を育んでいるのです。

賢治は真面目すぎるので金持ちの表面的な酷薄さが気に入らず、それ以上金持ちを深く知ることができませんでした。

敵を深く知ることができない上での批判は当然浅くなります。

賢治は他にも教師や生徒、地主、様々な人物への批判を繰り返しますが、それはごく浅いものです。

しかし賢治の批判意識は社会を変革しようという固い意志と、子供達の住み良い未来を作ろうという思いやりに溢れており、学ぶべきものがたくさんあると思います。

エピレ予約

歴史の勉強をしていると面白いです

私は時々、高校時代に使っていた歴史の教科書をひっぱり出してきて

勉強をしているのですが歴史の勉強をするとなかなか面白い事があります。

原始時代の事もいろいろと分かりますが

人類は昔から統制のとれた生活をしていたのですね。

石器を作ったりして、肉を切るナイフを作っていることもすごいと思います。

いまは鉄の包丁がありますから便利な時代になった物です。

肉を切るのに何一つ苦労はありません。

以前歴史の漫画を見たのですが、フグを食べている縄文人が居ました。

しかしフグには毒があります。そのせいで倒れてしまいます。

しかし現在ではフグの毒を上手に取り除くことが出来ます。

先人の苦労があって、いまの時代には良い食材に巡り合えるのかもしれませんね。

弥生時代になると農業が発達していったようです。

この時から日本人は農耕民族になっていったのでしょう。

お米が毎日食べられるのは、昔の人が農業をしてくれたからなのでしょうね。

私の大好きな牛丼も先人がコメを育ててくれたからなのです。

しかし、争いが絶えないのも人類の歴史です。

お互いの領地をめぐって数々の戦いが繰り広げられてきました。

年貢を納めるために農民も苦労をしました。

色々な背景があってこその現代ですね。本当にいろいろな発見があります。

http://xn--2ck9csa3g021pnzy.com/