やっぱりこの時期は怖い話でしょう。

夏のこの時期、一番話題になるのが怖い話や怪談です。今は昔と違ってインターネットなどが普及しているため、いろいろな話を見ることが出来ます。そのため怖い話に夢中になってしまうので、ちょっとまずいかなと思っています。

あまりどっぷりはまってしまうと、いつか自分が異世界に引き込まれてしまうのではないかと心配になってしまいます。それでもいろいろな人の話を聞くと、なぜそのような形で表れてくるのかと考えてしまいます。なぜ生きている人間に縋ろうとするのか、考えてしまうと眠れなくなってしまいます。

怖い話を聞いて、その理由を考えてしまう癖があるのです。どうしてそのような形で訴えてきているのか、なぜそのような手段しかなかったのかなどです。怖い話は単純に怖い話で済ませればよいものを深く考えてしまう傾向があります。それはあまり良くないことだと霊感のある知人に言われており、注意した方が良いと言われています。

このような怖い話には、いろいろな戒めなどが含まれているものが多いと考えているため、そのように思ってしまうところがあるようです。小さいころに悪いことをしたらお化けが出るよと教育されたためかも知れません。このように幼少期に親から言われた人はたくさんいると思います。何かの戒めだったりする怪談は今現代でも必要不可欠なものだと思うので、これからもいろいろな怖い話を聞いていこうと思います。

エピレ川崎