運動をするときに大切なのは自分に合う靴を用意することです

運動をするときに一番大切なことは何だと思いますか?

やる気とか、運動量も大切ですがまずは自分に合った靴を用意することが大切です。

自分に合わない靴を履きながら運動をすると靴擦れが起こりますし、窮屈ですから

運動が苦痛に感じてしまいます。

私も小学校6年生の頃、親に靴を買ってもらいました。

しかし、すごくきつく小指がすぐに痛くなってしまいました。

ですが、せっかく買ってもらったのだからと思ってしまいそのまま履き続けてしまいました。

そのけっか小指が少し曲がってしまいました。

それは今でも治っていません。

ですから靴の選定はすごく大切なのです。

しばらくして私はサッカーを始めました。その時に選んだシューズもきつい物を選んでしまいました。

もともと私の足は横に幅が広いので合うシューズが中々見つかりません。

ですから妥協をしたという形になりました。

一番広いシューズを選んでもきつかったのでもう手立てはありませんでした。

しかし、しばらくしてべつの種類のシューズを履いてみるとかなり履き心地が良いものが見つかりました。

今までは合成の皮でできているシューズを履いていましたが、次に選んだのは別の材質の物でした。

材質によっても履き心地は違いますから、シューズ選びにはぜひとも参考にしてほしいです。

エピレ横浜