選挙目当てのパフォーマンスにも見える

政府は保育所に株式会社が参入しやすくなれば、待機児童を少なくすることが出来るという考え方のようです。

これまで株式会社の参入を阻んでいたものは、保育が営利目的化しサービスが低下てしまうことや、倒産等による混乱が心配されていたためです。

認可されたところは人気化しますが、そうでないところは、無認可保育所ということで片身のせまい思いをして来ました。

親達も無認可には入れたくないので空きが出るまで子供を待機させる道を選んでいたようです。

ところが政府から待機児童を少なくしたいので株式会社参入の敷居を低くするよう、各自治体への働きかけがあり、今後の自治体の対応が注目されます。

これまではどういうわけか自治体は保育所が株式会社だと認可せず、無認可保育所としてやっていくしかなかったようですが、女性の社会進出を促進する観点からするとこのままでは、何時まで経っても待機児童の解消が進まないということで、この度の政府による通達となったようです。

しかし女性が社会進出するといっても、一家を養う男性の雇用すら安定しない中で、どうやって女性の職場を確保していくのでしょうか。

悪い考えではないのですが女性によいしょしておけば参議院選挙で有利になるという考え方が根底にあるような気もします。

エピレ神戸