パリス・ジャクソンさんの自殺未遂について

4年前にマイケルジャクソンが亡くなったときに少女だった娘は15歳になっていて、すっかり大人っぽくなっていてびっくりしました。

そして、自殺未遂だというニュースが入って、パリスの画像をテレビで見ましたが、かなり美形で、素敵なのに自殺未遂する必要があったのかな、と思ってしまいました。

父親はマイケルジャクソンということになっていますが、明らかに本当の父親はマイケルジャクソンじゃないことはわかります。

マイケルジャクソンの遺産の問題だとか、親権の問題とかいろいろと問題があるそうですが、将来の心配をしなくていいのは羨ましいことだと思います。

人はどんなに経済的に恵まれていても、幸せを感じるとは限らないようで、パリスくらい遺産を受け継ぐ立場にあったら、将来働かなくても食べて行けるし、親の七光りで女優でも何でも簡単になれるので、安泰なのに、それでも悩みがあるということが不思議でなりません。

世界的に有名な人を父に持つと、わたしたちには分からないような悩みがあるのかもしれませんね。

マイケルジャクソンは、特にいろいろ話題が尽きなかっただけになおさらかもしれません。

命には別状ないということなので、心配する必要はないようです。

ゆっくりと休養をとって、普通の生活が送れるようになることを祈っています。

シースリー横浜