保育園のお迎えに行ってもらいました

普段はパートの後にわたしが娘のお迎えに行くのですが、だんながお盆には少し早い夏休みに入ったため今日のお迎えをお願いすることにしました。朝、保育園に送りだすのは仕事に行くついででもあるので、わたしが連れて行き先生に「今日はパパがお迎えにきます」と連絡、入園のときに母親がお迎えという風に登録をしていますので、いろいろな理由からこの連絡(電話連絡でもOK)がない状態ではパパであろうが、じいじであろうがばあばであろうが子どもを受け渡してもらえません。今は家族仲が良好ですが、万が一家庭崩壊にでもなって子どもの連れ去りにつながっては保育所側も大変ですものね。

娘には保育園でのバイバイの際に「今日はパパが迎えに来るから、困らせてあげてね(笑)」と説明してあげました。

それを聞いた先生と「普段の苦労を分かってほしいので(笑)」と「でもこういうときってけっこういい子で帰るんですよねー」という話をしていました。仕事が終わってから念のために再度パパに電話してお迎えを忘れていないか念のために確認するとちゃんと覚えていました。わたしは安心してショッピングをして帰宅。娘のお出迎えにほっこり。

パパのはじめてのお迎えは、保育園の門を出るまでは順調だったものの、門を出ると手をつないでは歩いてくれず道路に座りこんでしまい苦労したとのことで、わたしの苦労を分かってもらおう作戦は大成功のようでした。

http://xn--ner01tdloh9t.com/